マンション管理会社に委託する【経営サポートのプロ】

中古住宅を選ぶ魅力とは

最近よく聞くあの言葉

不動産

中古マンションや戸建ての購入を検討されている方の中には、雑誌やテレビなどでリノベーションという言葉自体は聞いた事があるけど、詳しい意味や定義までは説明できない、という方もまだまだ多いのではないでしょうか。リノベーションとは一言で言えば「大規模改修」工事の事を指します。よくリフォームとリノベーションはどう違うのか、という質問を耳にしますが、分かりやすく言うと二つの違いはその目的と規模にあります。リフォームは古くなった設備、傷んだ箇所、使えなくなった物などを元の状態に戻す、または、新しいものと取り替える、といった原状回復の意味合いが強く、工事規模も大きいものから小さいものまで多種多様です。対して、リノベーションは古くなったもの、使えないものを、取り壊してしまい、もしくは良い部分は残して生かしつつ、全く別のものに作り変えてしまう、という意味合いが強いです。工事規模は中古マンションの一室から、一戸建てやビル一棟を丸ごと、など大規模な工事がメインです。近年では特に、中古戸建てと比べて全体の工事費用が安く済む中古マンションのリノベーションに注目が集まっています。

広がる中古の可能性

近年、リノベーションを前提に中古マンションを購入する人が急増しています。その理由として、一番はやはり金銭面でのメリットです。新築マンションと比べて、約3割ほど安くマイホームが持てると言われています。また、新築ではオプション等、ちょっとした設備のカラーぐらいは選べるものの、基本的にはすでに作られたお仕着せのものを買います。対してリノベーションは、間取りからテイストから壁紙から、何から何まで自分で選んで作り上げていく楽しさがあります。家に限らず、身の回りのものは他人と被りたくないという個性を求める人が多い時代によくマッチしていると言えます。また、新築と比べて、周辺環境や立地条件、最寄駅などの選択肢が豊富な点も大きな魅力です。